外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】

TOP >> 人気の外資系企業 >> ヤンセンファーマーの薬剤師求人なら

ヤンセンファーマーの薬剤師求人なら

ヤンセンファーマーは大手製薬メーカーですが、中途採用を行うようになったのは近年の事です。それまでは理系修士卒業者を対象に研究職の新卒採用行い、キャリア採用を行っていませんでした。製薬会社の中にはこのように、新卒採用を重視して企業風土を構築する企業もあり、結束力を元に独自の研究開発を行っています。学士以上の学歴を有する者をMR職にあてるなど、もっぱら薬剤師資格を持った専門職としての印象を対外的に強調するのがヤンセンファーマーの方法だったようです。一般の消費者も、ヤンセンファーマーといえばすぐに製薬大手の企業と思い浮かぶのも、体制に結束感があったからです。

後発薬の発展など薬剤師を巡る環境に変化が見られたため、現在はヤンセンファーマーも中途採用を積極的に行い、キャリアの知識を自社の製薬開発の現場に活かしています。確かな経験と高い意欲があればどのような製薬会社でも優良な人材として認められる風潮がある中、ヤンセンファーマーに転職を考える場合は、なぜヤンセンファーマーを選んだのかを自分の中で明確にする必要があります。例えば、研究職として貢献したい場合、ヤンセンファーマーには創薬研究職という仕事がありますが、これはヤンセンファーマー独自の研修スタンスが反映された開発セクションです。そこでどのような薬が生み出されたかを知ることは、企業研究の第一歩と言えます。

また、ヤンセンファーマーの企業名は衛生材料の略です。かつて絆創膏や包帯のシェアを持ち、現在はチョコラBBなどスキンケア関連の薬品を多く取り扱っています。肌に対する関心が高い女性であれば一度は名前を目にした事のある商品がヤンセンファーマーの開発物として名前を連ねており、それぞれの商品開発には薬剤師が深く関わっています。今後仮に美容部門の強化などがあった際は、女性にとってより働きやすい環境が実現される可能性もあります。古くからある会社でも時代の移り変わりに合わせて様々な可能性を持っているのが、製薬業界の大きな特徴です。

ヤンセンファーマーへの転職を検討する際、自分のそれまでのキャリアを考えあわせて企業研究をしっかりとすすめることが大切です。特に研究セクションで歓迎される人材の特徴をつかめば、自分の職務経歴の中でどの部分が該当するかを考えやすく、転職活動はとてもスムーズに行うことが出来ます。身近な製品が多く企業の特色も捉えやすいヤンセンファーマーですが、一人で企業研究をするのに限界を感じた場合は転職エージェントなどの情報を参考にするのも一つの方法です。案件数が多いエージェントでは、他企業との比較も簡単です。

外資系企業に強い!薬剤師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>外資系に強い薬剤師求人ランキングをTOPページで比較!

TOP

外資系企業薬剤師の基本情報

業種別の薬剤師求人事情

職種別の薬剤師求人事情

人気の外資系企業

得意言語別で選択


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】 All Rights Reserved.