外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】

TOP >> 職種別の薬剤師求人事情 >> [外資系]臨床開発モニターの求人をお探しの薬剤師の方はコチラ

[外資系]臨床開発モニターの薬剤師求人なら

薬剤師の中には、調剤薬局以外の職場に転職を希望する人もいます。その中には、臨床開発モニターになる人もいます。臨床開発モニターは、治験の管理をする人です。新薬を開発する時には、最終的に治験を実施する必要があります。人体実験というと、聞こえが悪いかもしれません。しかし最終的に人間の体に薬を投与することで、一定の効果があるかどうかの検証をする必要があるのです。また薬の場合、怖いのが副作用です。新薬には深刻な副作用の症状がでないかどうかの検証をすることも、治験の中では求められています。では、具体的に治験の中で臨床開発モニターはどのような仕事をしているのでしょうか?

まずは、治験の実施する場所の選定をする必要があります。治験をするためには、患者が必要です。そしてモニタリングするための医療機器などの入っている施設で治験を実施する必要があります。また治験の担当をする医者も必要です。これらの選定をするのはすべて臨床開発モニターの仕事になります。施設選びの基本は、治験を行えるだけの設備と態勢が整っているかどうかを確認します。また治験を行えるだけの時間的・経験的なキャパシティをもっているかどうかも判断されます。その上で、申請書類を作成します。施設の責任者とIRBという治験審査委員会という所があります。この両者に申請書類の提出を行います。この時パソコンを使って、申請書類の作成をします。そこで、ワードやエクセルの最低限の知識が必要になるでしょう。

その上で、モニタリングを行います。新薬の治験が、正しく計画にのっとって行われているかどうかの確認をします。この時、医者にカルテを見せてもらうのですが、専門用語があったり、ドイツ語表記されていたりします。これらの知識も、もっていなければなりません。臨床開発モニターは、病院や専門的に治験を実施している会社で募集をしています。その他には、製薬会社でも募集を出しています。製薬会社は最近になって、外資系の企業がどんどん勢力を拡大しています。このため、外資系製薬会社を中心に、臨床開発モニターの募集が広く行われています。薬剤師で、臨床開発モニターの興味があれば、応募してみるのもよいでしょう。薬剤師転職サイトを利用すれば、理想的な職場が見つかる可能性は高いです。特にリクナビ薬剤師は、高収入の求人が多数掲載されています。給料アップも希望するのであれば、リクナビ薬剤師に登録してみてはいかがでしょうか?

外資系企業に強い!薬剤師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>外資系に強い薬剤師求人ランキングをTOPページで比較!

TOP

外資系企業薬剤師の基本情報

業種別の薬剤師求人事情

職種別の薬剤師求人事情

人気の外資系企業

得意言語別で選択


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】 All Rights Reserved.