外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】

TOP >> 職種別の薬剤師求人事情 >> [外資系]PMS(市販後調査)の求人をお探しの薬剤師の方はコチラ

[外資系]PMS(市販後調査)の求人をお探しの薬剤師なら

医薬品に関しての仕事は思っているよりもいろいろな職種があります。薬剤師の中には、もっと違ったフィールドで活躍してみたいと感じている人もいるのではないでしょうか?もしそうであれば、PMSに転職してみることも検討してみましょう。PMSとは、Post Marketing Surveillanceの略称です。市場後調査と訳されることが多いようです。製薬会社で新薬を開発し、市場で販売をした新薬の販売後のマーケティングを行うスタッフのことをPMSと言います。

具体的には、医薬品の有効性や副作用をはじめとした安全性に問題がないかどうかの確認をします。その他、販売をする前の段階で治験を実施しています。そのため、いろいろなデータが出てきていますが、販売をして初めて分かった医薬品の適正使用についての情報を収集するのも、PMSの仕事になります。実際、市販してから治験では分からなかった副作用が報告されるというケースもあります。このため、製薬会社は新薬を販売した後には、調査をすることが義務付けられています。しかも、何種類かに分けて調査を実施することが求められています。

PMSになるためには、薬剤師の資格は必須ではありません。しかし上で紹介したように、医薬品の有効性や副作用についての調査を実施する仕事ですから、薬学における専門的な知識をもっていることは就職活動をする上で有利に働きます。もし薬剤師の方で、上で紹介したような仕事内容に興味を持っているのであれば、情報収集をしてみましょう。また最近では、外資系の製薬会社もどんどん日本に進出しています。この外資系の製薬会社でも、PMSの募集が活発に行われています。興味のある人は応募してみましょう。ただし、外資系の製薬会社の場合、上司が外国人である可能性もあります。そこで、語学力が必要になると思って下さい。

PMSのための転職活動を展開しようと思っているのであれば、転職エージェントを利用しましょう。無料で、いろいろな転職にプラスになるサービスが受けられます。薬剤師に特化して転職情報を提供している転職エージェントもあります。その中でも、リクナビ薬剤師はランキングサイトの中でもトップを取ることが多い会社です。リクナビ薬剤師のよい所は、キャリアコンサルタントが迅速に動いてくれる所にあります。このため、最短で3日後には転職先を見つけられたという人もいます。

外資系企業に強い!薬剤師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>外資系に強い薬剤師求人ランキングをTOPページで比較!

TOP

外資系企業薬剤師の基本情報

業種別の薬剤師求人事情

職種別の薬剤師求人事情

人気の外資系企業

得意言語別で選択


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】 All Rights Reserved.