外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】

TOP >> 業種別の薬剤師求人事情 >> 外資系医療機器メーカーの求人をお探しの薬剤師の方はコチラ

外資系医療機器メーカーの求人をお探しの薬剤師の方はコチラ

薬剤師の中にはいろいろな職場で働いている人がいます。その中には、医療機器メーカーで仕事をしている人も少なくありません。日本で活動している医療機器メーカーもいろいろとあります。でも、その大半が外資系企業であることをご存じでしょうか?医療機器メーカーに転職するということは、外資系の企業に転職することをほぼ同義であると理解しておきましょう。外資系医療機器メーカーの業務内容は、大きく分けて2つの部門に分けられます。それは、QA部門とRA部門です。

QA部門とは、医薬品のトラブルの情報を集める業務が中心となります。薬の副作用などの情報を、実例から収集します。そして、その情報を管理し、必要に応じて品質の管理徹底をアドバイスするなどの対応を取ります。ちなみに外資系企業になってくると、海外の関係各社と連絡を取る必要があります。メールや電話も、英語でコミュニケーションをとる必要があるかもしれません。また、申請書類を作成するときにも、英語で作成する必要もあるでしょう。このような対応ができるだけの英語力が必要になります。

RA部門とは、薬事関係の手続きを専門的に担当する部署を指します。医薬品を販売するためには、薬事法をきちんとクリアする必要があります。その上で、厚生労働大臣の認定を受ける必要があるのです。そのためには、申請する書類を作成する必要があります。もちろん、ただ申請書類を作成するだけではダメです。申請をする時に根拠になるデータなどの資料を添付する必要があります。これらの資料作成も、RA部門が担当することになります。英語を話すことには慣れている人でも、いざ英文にするとなかなか作業がはかどらないと感じる人もいるかもしれません。日本語にもありますが、話し言葉と書き言葉では少々表現が異なることがあります。ですから、英語をある程度話せる人でも、資料の作成はスムーズにできないこともある覚悟が必要でしょう。

剤師の方が外資系医療機器メーカーに転職をするのであれば、転職エージェントを活用すると良いでしょう。転職エージェントを利用すれば、プロのキャリアコンサルタントが膨大なデータベースの中からあなたに合っていると思われる求人情報を紹介してくれます。自分で探す必要がなくなるので、転職活動の煩わしさを省けます。特に現在働きながら転職先も探そうと思っているのであれば、薬剤師に特化している転職エージェントを活用するようにしましょう。

外資系企業に強い!薬剤師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>外資系に強い薬剤師求人ランキングをTOPページで比較!

TOP

外資系企業薬剤師の基本情報

業種別の薬剤師求人事情

職種別の薬剤師求人事情

人気の外資系企業

得意言語別で選択


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】 All Rights Reserved.