外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】

TOP >> 業種別の薬剤師求人事情 >> 外資系製薬会社の求人をお探しの薬剤師の方はコチラ

外資系製薬会社の求人をお探しの薬剤師の方はコチラ

薬剤師の転職先はいくつかの候補があります。その中の一つに、製薬会社があります。製薬会社では、日々新薬の開発を行っています。新薬の開発に携わる薬剤師の方もたくさんいます。新薬を開発する時に、薬剤師のもっている専門的な知識が必要になります。また中には、ERとして活動をしている薬剤師もいます。ERとは営業活動をする職種と思っている人もいるようです。確かに自社商品の売り込みを行うこともあります。しかしその他にも、医薬品についての専門的な情報を、現場スタッフに伝える仕事があります。また現場スタッフの方から、会社では想定していないような情報が上がってくる可能性もあります。ERは現場の声をくみ取って、それを本部にフィードバックする仕事もあります。製薬会社では、薬剤師はこれらの業務を担当することになります。

ところで、現在の製薬業界を見てみると、外資系企業の勢いが強くなっていることが分かります。2011年のデータを見てみると、販促会社のランキング上位を外資系製薬会社が占めています。あるデータによると、実にトップ10の内の6社を外資系製薬会社が占めているという結果も出ています。中には、前年比10〜20%も売上金額を伸ばしている業績好調な外資系製薬会社もあります。国内企業のトップの売り上げの伸びが、2〜5%となっていることから比べてみても、外資系製薬会社の躍進ぶりがお分かりになると思われます。中には、5000億円を突破しているような外資系製薬会社もあるほどです。薬剤師としてみれば、これだけ勢いのある会社であれば就職してみたいと感じるのではないでしょうか?

薬剤師の資格を活かして外資系製薬会への転職を希望する場合には、転職エージェントを活用することをお勧めします。最近では、薬剤師に特化した転職エージェントもいろいろと登場しています。その中でも、マイナビ薬剤師はユーザーの間でも転職エージェントが高く評価されているサイトと言われます。まず、転職エージェントでは、屈指の歴史をもっているという点が支持されています。35年以上歴史をもっている転職エージェントは他にはなかなかありません。キャリアコンサルタントが専任でついてくれます。その上で、あなたに合っていると思われる外資系製薬会社の求人情報を紹介してくれます。しかも、非公開求人の案件もいろいろともっています。他の転職エージェントも持っていないような求人情報をもっていることもあります。このため、より自分にとって理想に近い求人情報をゲットできるかもしれません。

外資系企業に強い!薬剤師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>外資系に強い薬剤師求人ランキングをTOPページで比較!

TOP

外資系企業薬剤師の基本情報

業種別の薬剤師求人事情

職種別の薬剤師求人事情

人気の外資系企業

得意言語別で選択


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】 All Rights Reserved.