外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】

TOP >> 外資系企業薬剤師の基本情報 >> 外資系企業の薬剤師の福利厚生は?

外資系企業の薬剤師の福利厚生は?

外資系企業は給料が良く、福利厚生も充実している印象がありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは、転職エージェントなどに公開されている求人情報を参考に、福利厚生がどの程度充実しているのかをチェックしてみたいと思います。外資系企業に薬剤師のスキルを生かして転職を考えている人は、ぜひともチェックしてみてください。

■外資系企業の福利厚生は充実している
結論から先に言いますが、外資系企業の福利厚生はかなり充実しているといえます。もちろん全ての外資系企業が優れているわけでもないのですが、日本に進出してきている外資系企業は基本的に世界シェアベスト5など、巨大な企業が中心になっているため、自然に福利厚生も充実する傾向があるのです。例えば外資系企業であるジョンソン・アンド・ジョンソンの求人票をチェックすると以下のような勤務体系や福利厚生が約束されていると分かります。

勤務時間:9時から17時
休日休暇:完全週休2日制、祝日、年末年始(年間休日118日前後)、年次有給休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇
福利厚生:財形貯蓄、社員持ち株会、産休・育児支援制度、ホームヘルパー制度、共助会
教育制度:新入社員研修、階層別研修、事業部別専門スキル研修、海外研修、通信教育など

給料以外の部分もかなり充実していると分かりますよね。

■福利厚生の優れた企業を探す場合は?
もちろん、外資系企業だからといって、どこも上述したジョンソン・アンド・ジョンソンほど福利厚生が優れているとは限りません。有給休暇の消化率も外資系企業といえども、まちまちです。求人票情報だけでなく、各外資系企業の実際の福利厚生の充実度を知りたい場合は、求人探しのついでに転職エージェントに登録してみるといいかもしれません。外資系企業の特有の働き方もいろいろと教えてくれるので、入社後に現実とのギャップを感じてしまうようなリスクも防げます。登録も利用も完全に無料なので、検討してみるといいかもしれません。

以上、外資系企業の福利厚生について考えてみました。外資系企業の福利厚生は、基本的には整っています。求職の際には福利厚生について深刻に考える必要はないかもしれませんが、企業によっても多少の違いはあります。そうした細かい違いを知るためにも、転職エージェントの登録を検討してみるといいかもしれません。

外資系企業に強い!薬剤師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>外資系に強い薬剤師求人ランキングをTOPページで比較!

TOP

外資系企業薬剤師の基本情報

業種別の薬剤師求人事情

職種別の薬剤師求人事情

人気の外資系企業

得意言語別で選択


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】 All Rights Reserved.