外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】

TOP >> 外資系企業薬剤師の基本情報 >> 外資系企業の薬剤師の年収は?

外資系企業の薬剤師の年収は?

外資系企業は年収が高いイメージがあります。実際にその通りの部分も大きいのですが、薬剤師の世界ではどうなのでしょうか?もちろん外資系企業といってもいろいろな業態があります。製薬会社もあればCROもあります。同じ製薬会社でもMRの仕事もあれば、DIの仕事もあるといった感じで、職種も多数存在します。そう考えると外資系企業の年収といっても一概には言えなくなってしまうのですが、おおよその感じでいうと、どの程度の年収になるのでしょうか?気になる人も多いと思うので、外資系企業で働く薬剤師の年収をざっくりと考えてみたいと思います。

■外資系企業で働く薬剤師の年収はかなり幅がある
大まかな結論から先に言いますが、外資系企業で働く薬剤師の年収は、幅がかなりあると考えておかなければなりません。外資系CROで働く薬剤師に対して年収1300万円を提示している求人もあれば、外資系の製薬会社でDI業務を担当する薬剤師に360万円から600万円の年収を提示している企業もあります。同じ外資系製薬会社でもMRになると年収が550万円から800万円程度で提示されている場合が多いです。外資系企業というと高給のイメージがありますが、実際は日系企業の薬剤師の方が大きく稼いでいる場合もあるので要注意です。

■年収を最大限にアップさせたい場合は?
では、外資系企業の中でも最高クラスを獲得するためには、どうすればいいのでしょうか?ポイントは駆け引きになります。企業の側は人件費を抑えたい気持ちがあるので、求人票で最初に提示する金額に幅を持たせて、結局は提示額の最低金額でまとめようと試みてきます。駆け引きに不慣れで、採用担当者に自分の高い市場価値を認めさせる交渉が苦手な人は、転職エージェントなど第三者サービスを利用しないと、ずるずると年収を引き下げられてしまいます。逆に転職エージェントなどを利用すれば、年収の上限近くまで引っ張り上げてくれる可能性もあります。特に外資系企業で働く予定の薬剤師であれば、駆け引きに負けないように、求人探しのついでに利用を検討してみるといいかもしれません。

以上、外資系企業で働く薬剤師の年収についてまとめました。外資系企業は年収が高いイメージがあり、確かにその通りの会社もあるのですが、そうでもないケースも多々あります。できるだけ年収を高く維持したいならば、転職エージェントなどに間に入ってもらって交渉に立ち会ってもらうといいかもしれませんね。

外資系企業に強い!薬剤師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>外資系に強い薬剤師求人ランキングをTOPページで比較!

TOP

外資系企業薬剤師の基本情報

業種別の薬剤師求人事情

職種別の薬剤師求人事情

人気の外資系企業

得意言語別で選択


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 外資系企業の薬剤師求人特集【※人気の外資系に転職する方法】 All Rights Reserved.